少しの工夫で買取額が変わる!?お酒買取業者により高く売るには

お酒買取業者にお酒を高く売る方法

保有するお酒を「できるだけ高く買い取ってもらいたい」のはみな同じです。そこで手元にあるお酒をいかに高く買い取ってもらえるか、そのポイントをまとめたいと思います。これからお酒をお酒買取業者に売りたい方はぜひチェックしてください。

①お酒の掃除を行ってから買取に出す

お酒を綺麗な棚に飾っていても、いつの間にか埃やカビがついてしまいます。定期的にお手入れしているならともかく、ずっと放置されたお酒は瓶の表面がかなり汚くなっているもの。
私もずっと飲んでいなかったウイスキーを戸棚から引っ張り出したとき、瓶にホコリやカビがビッシリ生えていて思わずドン引きました。もし屋外にある倉庫に入れていたら、土ぼこりなどもついていたはずです。カビやホコリまみれのお酒をそのまま持っていくのはやめた方がいいでしょう。

自宅の戸つきの棚などに保管していてもお酒の瓶は意外に汚れてしまいます。そこで査定に出すときは瓶の表面を乾いた布で拭いてください。ラベルがボロボロになっている場合は、無理にラベルまで拭かなくてもよいです。外見のコンディションでお酒の保管状況を推測されてしまうため、汚いままのお酒を写真に撮影すると「劣悪な環境で保管されたお酒ではないか?」と思われ、査定額がダウンする恐れもあります。

できるだけお酒の掃除を行ってから、買取に出すようにしてください。写真を撮影するときも同じです。事前にお酒を掃除してから撮影するのが高く査定してもらうコツになります。

②たくさんのお酒はまとめて買取に出す

お酒が手元にたくさんあるときは、お酒を小出しにせずまとめて売りのが得策です。小出しにするとそのたびに査定の手間がかかりますし、宅配買取なら送料や梱包資材などの経費が業者側に発生してしまいます。これら経費が買取額を圧迫してしまうので、できるだけまとめて売るようにしましょう。

業者によってはまとめて買取に出してくれると買取額をアップしてくれるところもあります。たくさんのお酒を持っている方は買取額を上乗せしてくれる業者を探して交渉するのが一番です。

③付属品がある場合は全てつけて買取に出す

お酒はお酒本体だけではなく、木箱入り、化粧箱入り、ペアグラス付き、替え栓付き、小冊子付属などおまけがついていることがあります。たかがおまけではありますが、愛好家にとってお酒はもちろんこれらアイテムも垂涎の品。とくにバカラ社製など有名なガラスメーカーの空き瓶は、それ単体でも買取価格がつくほどです。

「木箱がついてるけどお酒じゃないから捨てちゃえ」と勝手に判断せず、お酒に関係するものはすべて揃えて査定に出してください。前述したような有名メーカーのペアグラスや替え栓がついていると査定額が上乗せされます。自分の判断で勝手に処分しないことです。

それからこれはマメ知識ですが、空き瓶を売却する場合は中身を綺麗に掃除する必要はありません。瓶に残ったブランデーの香りを楽しみたい方もかなりいるそうです。洗ってしまうとせっかくの豊潤なウイスキーの香りが台無しになります。空き瓶は中を洗わないまま査定してもらいましょう。

まとめ

  • お酒買取業者に高く売るには、まず瓶の汚れを拭いてきれいにすること
  • 手元にたくさんのお酒があるなら、できるだけまとめて売ること
  • 木箱や化粧箱、替え栓、小冊子など付属品はできるだけそろえること
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!